これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?荷造りだけとっても、普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、ケガの危険性はかなり高いのです。荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。軍手なら何でも良いわけでなく、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手を買わなくてはなりません。

手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。自分の周囲に大変な数のものがある生活を日常としている方には、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのはものを整理して荷造りすることに尽きます。
どんなに周りが協力しても、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、これもチャンスだと思いきってどんどん捨ててしまうようにすれば一番楽なのは自分自身です。
今から数年前に、自宅を新築して賃貸から転居しましたが、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう神経をとがらせていました。

実は、引っ越しの時、3歳だった娘と1歳だった息子の写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。業者さんも本当に丁寧に扱ってくれたのでデータもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。マンションやアパートですと、今では隣に住んでいる人のことを全くわからないということがごく普通になっています。


とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、災害など、大変なことがあれば助け合えるような仲でありたいものです。
そのようなご近所づきあいのきっかけとして、転入したらできるだけ早く、おみやげを持ってお隣に顔見せの挨拶をしましょう。

どのような場合でも引っ越しでダンボールを使うことになり、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、不要になったダンボールをもらえるはずです。ただし、サイズはばらばらです。



荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、サイズが一定していない場合は積み重ねるとき配慮が必要です。引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、どこの世帯の引っ越しでも不要品が生じます。

悩ましい問題ですね。ぜひ覚えておいてほしいのは、引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。


また、業者によっては、ものによってですがもともと有料で処分するべきものを独自のリサイクルルートに乗せるため無料で引き取ることもあります。

必ず調べてみましょう。
あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、食器は数も多く、とても面倒です。その多くを占める割れ物は、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように最大限の注意を払って荷造りするようにすると破損の心配はぐっと軽減されます。



荷作りも終わり、明日が引っ越し当日となれば、忘れず当日の時程を確認するべきです。

何時に業者が来る予定か、予定の作業終了時刻はいつかという確認をします。
荷物は運びやすいように移動しておきましょう。当日の関係者のために飲み物を用意しておくことを忘れないでください。作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏だと、とても感謝されます。

いよいよ年金生活というと、今までの生活が大きく変わることは確かです。

この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、年金生活に突入することで、合わない点が徐々に現れるかもしれません。
特に、賃貸にお住まいのご家庭では家賃負担が大きくなることが予想されます。



これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも十分検討の余地があります。最近引っ越したのですが、準備で疲れてしまったのは確かです。
転居前はマンション暮らしだったこともあって業者さんに大きい荷物をおまかせしました。引っ越し費用を少しでも浮かせたいと思い、自分でエレベーターに乗せられる荷物は自分で計画を立て台車を借りて荷物を載せ、転居先に運びました。本当に、台車にはお世話になりました。